07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
便利な♡カテゴリー別

プロフィール

小池 亜千代(アチヨ)

Author:小池 亜千代(アチヨ)

タイ式 YOGA・タイ式セラピスト、
ハーモニー体操☆正指導員

~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~
『ハーモニー体操DVD』毎日やると、しらない間にすっかりカラダが楽しくなっちゃうよ。HarmonyDVD.jpg
☝ご購入こちらから!画像をタップ or クリック。
~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~
『ハーモニー体操の本』扶桑社より発売中。amazonにコメントいただいた方に、もれなくレッスン音声ダウンロードのプレゼントあります。

achiyoをフォローしてね :-) facebook_ico.jpgfacebook
☜ 亜千代へメールはこちら
~:~:~:~講師・亜千代~:~:~:~:~
名古屋生まれ、育ち、東京在住。
東京工芸大学短期大学部、日本デザイナー学院、広告デザイン事務所勤務を経て、フリーランスに。
ITM渋谷チェンマイ校卒
★ITM渋谷オナモ★卒業後サロン勤務、★東京岩盤浴/ロハス*ロハス★にて「代謝アップヨガ」、★アジアス南青山店・行徳店★にて「ルーシーダットン」、★東日本橋スタジオ・ロータスエイト★にて「ルーシーダットン」クラス担当。 ★ヴァーチュオーゾ銀座★にてITMタイ古式マッサージ講師、★駒沢大学 ラムヤイ★青山一丁目★ヌアボーラン・ブルー★にてセラピスト在籍中☆

現在、★パソコン教室パスカル練馬校 ★内にて、ハーモニー体操レッスン。木曜日pm17:00~19:00、土曜日am10:00~12:00
~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~

↓☆レッスン・スケジュールはメルマガで無料配信してます。(ただ今休刊中)

以前の投稿をみる♪

検索フォーム

リンク☆リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Merry X'mas. Mr.Lawrence.

2012.12.25 16:27|まい・らいふ♪


先週、赤坂アクトシアターで、
坂本龍一さんの演奏を聴いてきました。
「戦場のメリークリスマスは」もちろん、「ラストエンペラー」とか、
誰もが一度は耳にしている名曲もあれば、
震災後はじめて手がけた曲や、来年ドラマのために使われる曲、
YMO時代の曲をアレンジしなおして、ほぼまったく違うモノに生まれ変わった曲、
友人のアーティストに頼まれて作った曲など、いろんな引き出しから
どれも等しく大切そうに、素晴らしい演奏でお披露目してくれました。
たぶん、、、まったくミスのない、トリオでの演奏。。。。
なのに、ピリピリと張りつめた嫌な空気がないのです。
といってだらしない訳ではなく、気品があって繊細、だけど雄大でおおらか。
この矛盾した感じが、全然違和感なく融合して、
ひとつのモノとしてハーモニーされているのです。
言葉では簡単に言えますが、きっととてつもないこと。
坂本さんが居る空間自体が素晴らしい体験でした。

あと先々週、青山にある岡本太郎記念館に行った時も、
ホンモノに触れるって全然ちがうなぁって思いましたよ。

e1fd0aaef3fb880372180b93bcf9714d.jpeg

(※撮影自由なんですよ~、ラッキー♡)

今はネットや書籍でいくらでも情報を受け取れるけど、
誰かのエネルギーを感じるには、直に会わなくては決して解らないです。
直に会えないなら、せめて原画。
ネットで表面を写したり、デジタルで音を載せたり、ある部分までは伝わりますが、
ホンモノのパワーは随分省略されているんだなぁと理屈ぬきで感じます。

来年はもっともっと、好きなモノ、好きなひと、好きな場所に、どんどん愛に行こうっと♡

最初の写真は赤坂サカスのイルミネーションです。
時おり、キラリと流れ星のようにヒカリが流れてゆきます。
とってもロマンティックで、きれいでしたよ。


      ☆
9a11e31b40b2c060a3776702af88bacf.jpeg

ここから、少々別のはなしへ。

岡本太郎の生き方にふれるにつれ、型破りでありながら、
とても一生懸命な努力家だったんだなぁと思えてならない。

そして彼の表現を見ていると、どうしてもピカソの存在を感じてしまう。
岡本太郎が悔しくて、超えたくて超えられなくて、
でも視界から消す事が出来なくて、生涯ジタバタした相手は
ピカソだったんじゃないかなって、思えてしまうのです。
というか、多くの画家にとって彼はそんな存在だったのではないのかな。

ピカソの後と前では、絵画の世界はとてつもなく大きく
覆されてしまったのではないのか、と思う。 良くも、苦しくも。
彼自身は楽しみ・チャレンジ・変容として周りを見回しているのに、
周りにとってのピカソは恒星のように引力が強く、またはブラックホールのように不気味で、
振り回され、飲み込まれ、押しツブされ、すっかり消耗し奪われてしまう。
そんな風に消えていった若い、、または老いた才能はごまんとあったんじゃないかな。
本人に会ったことなんて一回もないのに、作品のパワーにコテンパにされちゃった人も。
天才は時におっかないですね。

度を超えた、天才。、、、なのに、人として、俗物。

こんな事を書くて叱られそうですが、似た人が居ますね。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
ピカソとモーツァルトのスケールって、ちょっと似てません?
ウィキってみたら面白かった。

だから何?で、おちはないんですけど、ピカソをゆっくり観てみたくなりました。
どこにゆきましょうか、ね。
美術館でいうと、ニューヨークとフランスにふたつづつ、
彼の作品を多く所有している場所があるみたいです。ううむ。。。悩む。
そうだなぁ、、ガウディの教会もこの目で、この手で、触れたいし、
ピカソを生んだスペインにもいってみたいたい~。
もし私に、お金と時間が訪れたなら、ピカソを巡る世界旅行にゆきたい。
スポンサー、いつでも受け付けてます♪

ピカソの絵画集/時代別

パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・フアン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・シブリアーノ・センティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ/wiki

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト/wiki
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。